ppp



歴史あふれる食堂で朝食をとれるオックスフォード大学の学生寮に泊まってみました

イギリスにあるオックスフォード大学は、現存する大学としては世界で3番目に古く、英語圏では最古の大学です。
総合大学であるオックスフォード大学は、数々のカレッジによって構成されており、今までにマーガレット・サッチャーや、トニー・ブレアなど多くのイギリスの歴代首相、50人以上のノーベル賞受賞者を輩出し、さらには日本の皇族の留学先としても知られています。そのオックスフォード大学は空き室となっている学生寮の部屋を旅行者に公開しており、宿泊することが可能なので、実際に泊まって、著名な人々が寝泊まりしていた環境を見学してきました。

こちらがキーブル・カレッジです。
a


扉を抜けると、広大な中庭を囲むようにしてレンガ造りの建物が建っています。
b


チェックインを済ませたら学生寮の建物に向かいます。中庭には、大きなチャペルもありました。
c


中庭に立ってみると、建物の美しさと迫力に圧倒されそうになります。
d


食堂はまるで映画「ハリー・ポッター」に出てくる大食堂のような感じで、歴史ある建物の重厚感がスゴすぎ。
e


宿泊客は食堂の一番奥にあるテーブルで朝食を取ります。
f


テーブルにはコーヒー・ミルク・オレンジジュースといった飲み物が食器と一緒に並べられていました。
g


テーブルに座って前を見てみると、中世の世界に飛び込んだかのような錯覚に陥ります。
h


全文はこちら
http://gigazine.net/news/20140321-oxford-university-student-hall/