2014y06m19d_165820872



先週アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスで行われたE3 2014。
『World of Tanks』で知られるWargaming.netは、『World of Tanks』、『World of Warplanes』に続く第3のタイトルとして開発中の『World of Warships』をプレス関係者に披露していた。

戦車、戦闘機と来て、今回はその名の通り艦隊戦がテーマのオンライン対戦型の海戦ゲーム。
既存タイトルで使用しているWargaming.netのIDでプレイ可能で、ゲーム内通貨やフリー経験値などを応用できるほか、プレミアムアカウントの場合は特典も適用される。

登場するのは、まずは日本とアメリカの2カ国。両軍の50隻程度の船を実装しており、正式サービス時は80隻以上にアップデート予定。日米以外の国についても、ロシア、イギリス、ドイツなどの艦船を順次追加していくとのこと。基本的な試合の勝利条件は、敵の全滅または陣地(海域)の占領。

登場する4種類の艦船をすごくおおざっぱにまとめると以下。

戦艦 火力・防御力ともに高いが、速度が遅い。
巡洋艦 そこそこの火力と防御力を持つ中間的存在。
駆逐艦 基本的な火力と防御力は低いが、足が速く、魚雷を搭載している。
空母 戦闘機や爆撃機を搭載した、まったく異なるプレイ感の船種。


戦艦は強力だが足が遅いので駆逐艦に狙われると危なく、駆逐艦は耐久力があまり無いので巡洋艦の格好の標的……といった具合に3種類の艦船が3すくみのようになっているところに、航空機を飛ばしながら戦う空母という異なる存在がいるといった塩梅だ。

ただ、細かな部分は船によって例外もあり、デモでは巡洋艦区分の“高雄”での戦闘が披露されたのだが、高雄の場合は主砲以外に魚雷と偵察機を搭載している。

主砲などは『World of Tanks』などと同様に照準を合わせて発射していくのだが、魚雷は相手の進路を先読みしながら範囲を決めて発射する形になっており、扇型に広げたり、狭く集中させたりすることができる。これに加えて、装填に時間がかかるので右舷装填中の間は左舷側の魚雷を使うように操舵するといったテクも求められ、いかに立ち回っていくかが面白そうだ。

2

3

4

5

6

7

8

9

10




http://www.famitsu.com/news/201406/18055416.html

『World of Warships』E3 2014トレイラー
https://www.youtube.com/watch?v=bhbwNMygbZ8

『World of Warships』公式サイト
http://worldofwarships.com/